ユーカーパック 口コミ

【裏技】実際体験してわかった高く売るためのポイント!

一番高値がつくのはオークション!一括査定→車買取店→下取りの順で安くなります。

 

オークションはマージンが発生しないため高く売ることができますが、自分で出品手続きをする手間がありますし、受け渡しのトラブルも結構多いと聞きます。ユーカーパックは、その面倒なところを無料で代行してくれるので、上級者向けだったオークションにも誰でも簡単に安心して参加できるようになりました。(事故車または廃車の場合は、事故車・廃車買取専門店がおすすめです)

 

 車の売却を思いついたら、一日でも早く査定・買取してもらうこと
新車で購入した時が一番高く、月日が経つほど車の価値はどんどん下がってしまいます。できるだけ早く査定・買取してもらことが一番大切です。1〜2月、8〜9月であれば、ちょうど需要のある時期なので高く売れる確率が高くなります。

 

 モデルチェンジ前後は買取価格が変わりやすいの要注意!
モデルチェンジで新しいモデルが発売されると、旧モデルの買取価格は安くなるのが一般的。理由は、新モデルへの買い替えが増え、 多くの旧モデルが買取られ、中古車となり市場に流れます。そのため、需要に対して供給が大きくなってしまい買取価格は下がってしまいます。 「モデルチェンジ」がいつ行われるかは、メーカーからの発表がない限り知ることはできませんので、「できるだけ高くクルマの売却をしたい!」と考えているのなら、できるだけ早く査定・売却するのが得策です。

 

 査定前には洗車・掃除をしっかりすること
査定では、傷・破れなどのわかりやすい点を除いて、全体的な汚れや臭いなどは、査定を担当する人の主観で判断されます。そのため、印象をよくするため、査定前には洗車と車内の掃除をしっかりすると、より高い買取金額がつきやすくなります。

 

小さなキズなどは消して、大きなキズはそのままにしておくこと

小さくて簡単に直せるようなスリ傷などは、カー用品店やホームセンターなどのカーケア用品で自分でケアしてから査定してもらいましょう。ただ、大きな凹みやキズなどプロの修理が必要なものは、そのままの状態で査定してもらいます。修理費の分、売却価格が高くなることは滅多にないそうなので、損しないようにそのままが良いそうです。

 

純正のオプションパーツはしっかりと用意しておくこと
査定のとき、「純正のオプションパーツ」がついていると、プラスのポイントになります。また、メーカー純正のホイールカバーやエアロパーツ以外をつけている場合でも、もともとついていた純正のパーツがあるときは、純正品も合わせて査定できるように揃えておくと良いです。オプションのうち査定のプラスポイントになるものは、「電動ドア」「埋め込みの純正ナビ」などの工場出荷時に取り付けられる「メーカーオプション」、そして「フロアマット」「シートカバー」などのディーラーが取り付ける「ディーラーオプション」 になります。

 

購入時の付属品も揃えておくこと
購入したときついてきた、車やオプションの「取扱説明書」や「整備手帳(保証書)」は、つぎの購入者へ引き継ぐとき必要となります。きちんと付属品があれば、査定のプラスになりますので、しっかりと準備をして査定にのぞみましょう。

 

中古車売買のプロ「Ucar査定」担当者になんでも相談することユーカーパックは車を実際に買取する業者ではないので、売り手の利益を最大限に考えて売却のアドバイスを親身にしてくれます。ここが他の買取サービスと一番異なるところで、私が一番気に入ってるところです。値段交渉やかけひきも必要ありません。なので、買取業者が入札する前に、担当者とこの価格でなら売却してもよい「希望売却価格」と「最低入札価格」を相談して決めることができるので、納得できる価格で売却することができます。一番高く売れる最適な価格設定を、プロの担当者が数十万台の実績を元に提案してくれるので、車にあまり詳しくない方や女性にもとても安心です。

 

⇒あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場無料チェック